IDFプレスリリース(NEW)

作業分野 常設委員会 標  題 入手サイト 参考日本語訳(要約)
栄養、持続可能性 栄養・健康常設委員会、環境常設委員会 The Role of Dairy in Sustainable Diets: Creating New Approaches持続可能な食事における乳の役割:新しい方法を創る ファイルが開きます ファイルが開きます
栄養・健康、乳の安全性と品質 栄養・健康常設委員会 DAIRY MUST CONFRONT THE RISK OF PROTEIN BECOMING NEXT FRONTIER IN NUTRITION DEBATE栄養問題においてたんぱく質が次代のフロンティアになるリスクを抱えた乳および乳製品 ファイルが開きます ファイルが開きます
乳の安全性と品質、アニマルウェルフェア 家畜の健康・福祉常設委員会 透明性が大切なアニマルウェルフェア ファイルが開きます ファイルが開きます
栄養・健康 栄養・健康常設委員会 スポーツ栄養に重要な乳・乳製品 ファイルが開きます ファイルが開きます
酪農政策・経済、持続可能性 酪農政策・経済常設委員会 欧米の乳製品市場が国際乳製品市場を牽引 ファイルが開きます ファイルが開きます
コミュニケーション マーケティング常設委員会 世界の酪農乳業に貢献した功労者4名 ファイルが開きます ファイルが開きます
栄養・健康 栄養・健康常設委員会 乳幼児の栄養に重要な役割を果たす乳および乳製品 ファイルが開きます ファイルが開きます
乳業科学・技術、持続可能性 乳業科学・技術常設委員会 ビッグデータと新技術で乳の未来を切り拓く ファイルが開きます ファイルが開きます
酪農政策・経済 酪農政策・経済常設委員会 ブレグジットの課題が強調されたIDFワールドデーリーサミット2017ベルファスト ファイルが開きます ファイルが開きます
酪農政策・経済 酪農政策・経済常設委員会 新興市場で酪農乳業の成長は持続する ファイルが開きます ファイルが開きます
全般 全般 DAIRY INDUSTRY PUSHING FORWARD TO COMMERCIALISE SCIENCE AND DRIVE INNOVATION科学技術の実用化と革新に邁進する酪農乳業(2017.11.3) ファイルが開きます ファイルが開きます
全般 全般 DAIRY COMMITTED TO ITS GLOBAL NUTRITION AND ENVIRONMENTAL GOALS地球規模で栄養と環境の目標に誓いを立てた酪農乳業(2017.10.30)) ファイルが開きます ファイルが開きます
全般 全般 GLOBAL DAIRY LEADERS CALL FOR UNITED APPROACH ON CONSUMMER CONFIDENCE消費者の信頼を勝ち得るための結束を呼びかけた世界の酪農乳業指導者(2017.10.30) ファイルが開きます ファイルが開きます
栄養健康、コミュニケーション 栄養・健康常設委員会、酪農政策・経済常設委員会、マーケティング常設委員会 乳の将来はある-ただしグローバルな時を移さずにDAIRY IS FIT FOR THE FUTURE - BUT ONLY IF WE SEIZE THE MOMENT GLOBALLY ファイルが開きます ファイルが開きます
スタンダード(規格) 規格・表示常設委員会 デーリーパーミエートパウダーの新基準がコーデックスで採択(2017.7.18) ファイルが開きます ファイルが開きます
持続可能性 環境常設委員会 酪農乳業の生物学的多様性ガイドの発行(2017.6.23) ファイルが開きます ファイルが開きます
栄養・健康、持続可能性 栄養・健康常設委員会、マーケティング常設委員会 国際酪農連盟は世界の牛乳の日を応援(2017.6.1) ファイルが開きます ファイルが開きます
食品安全と品質 微生物学的衛生常設委員会、農場管理常設委員会 酪農乳業界の薬剤耐性ガイダンス -新しいIDFファクトシートの発行(2017.5.19) ファイルが開きます ファイルが開きます
乳の安全性と品質 微生物学的衛生常設委員会 国際酪農連盟の後援でSSAFEが全世界酪農管理食糧安全システム研修の枠組み立ち上げを公表(2017.5.3) ファイルが開きます ファイルが開きます
全体 全常設委員会 デーリーロッテルダム宣言(2016.11.4) ファイルが開きます ファイルが開きます
持続可能性 環境常設委員会 酪農乳業のためのIDFウオーターフットプリント手法ガイドの発刊(2017.1.31) ファイルが開きます ファイルが開きます

編者注:翻訳文は仮訳であり、正確性、完全性、有用性等についてはいかなる保証をするものではありません。参考資料として扱い、内容に疑義が生じた場合は英文の原文をご確認ください。