JIDFおよびIDFの紹介

JIDFについて

●名称

和名:国際酪農連盟日本国内委員会(通称:日本国際酪農連盟)
英名:Japanese National Committee of International Dairy Federation(JIDF)

●所在地

〒102-0073
東京都千代田区九段北1-14-19 乳業会館
電話番号:03-3264-3731
FAX番号:03-3264-3732

●使命

国際酪農連盟日本国内委員会(通称:日本国際酪農連盟、海野研一会長)は、昭和31年に設立、国際酪農連盟(International Dairy Federation:IDF)に加盟し、IDFの日本における国内委員会(Japanese National Committee of IDF;JIDF)として活動を始めました。
わが国の酪農及び乳業関係者の代表機関としてIDFに加盟し、国際酪農乳業界の科学・技術・経済等の諸問題の解決を国際協力のもとに推進し、国際的に関係機関と密接な連絡を図り、もってわが国の酪農及び乳業の振興に寄与するとともに消費者の栄養、健康及び幸福に寄与することを目的に、IDFはもとよりコーデックスやISOに係る事業を実施しています。

●沿革

日本国際酪農連盟は、1952年に日本酪農科学会議として設立され、次のとおりの変遷を経て現在に至りました。

1952(昭和27年) 日本酪農科学会議設立(会議長 佐々木林治郎)
1956(昭和31年) 日本国際酪農連盟設立(会長 佐々木林治郎)
1956(昭和31年) 国際酪農連盟に加盟
1962(昭和37年) 社団法人日本国際酪農連盟 設立許可(会長 津郷友吉)
1972(昭和47年) 第56回IDF年次会議日本開催(会長 津郷友吉)
1991(平成3年) 第75回IDF年次会議日本開催(会長 檜垣徳太郎)
2004(平成16年) 財団法人日本乳業技術協会と統合、国際酪農連盟日本国内委員会となる(会長 佐野宏哉)
2008(平成20年) 海野研一が会長に就任 現在に至る(会長 海野研一)
2013(平成25年) IDFワールドデイリーサミット横浜開催(会長 海野研一)

●組織

乳・乳製品に関わる企業、酪農、乳業団体及び教育関係者から構成されています。下記のとおり総会、幹事会のほか、10の専門部会が設置されています。

●会員

平成26年3月31日現在、乳業会社、酪農乳業団体、商社、香料会社、機械会社、包装容器会社、試験器具関連会社など50の団体会員及び1特別会員、42名の個人会員から構成されています。

●役員

平成28年5月現在の役員は、次の表のとおりです。

国際酪農連盟日本国内委員会役員名簿(平成28年5月10日現在、敬称略)

氏名 所属
会 長 海 野 研 一
副会長 山 登 正 夫 雪印メグミルク(株)
小 林 博 行 (独)農畜産業振興機構
常任幹事 栗 本 まさ子 (公財)日本乳業技術協会
幹 事 梅 﨑 信 彦 グリコ乳業(株)
大 川 禎一郎 森永乳業(株)
川 村 和 夫 (一社)日本乳業協会
クリス・ケネリー 日本テトラパック(株)
小久保 彌太郎 (公社)日本食品衛生協会
小 山  剛 三菱商事(株)
迫 田   潔 (一社)中央酪農会議
島 崎 敬 一 北海道大学
菅 沼   修 国際酪農連盟日本国内委員会
清 家 英 貴 全国酪農業協同組合連合会
高 瀬 光 徳 森永乳業(株)
瀧 澤 喜 造 (公社)畜産技術協会
中 村 裕 忠 (株)明治
堀   澄 也 (株)ヤクルト本社
馬瀬口 弘 志 (一社)全国酪農協会
三 浦 晃 一 よつ葉乳業(株)
村 松 道 男 小岩井乳業(株)
横 田   滋 高梨乳業(株)
監 事 菅 原 順 子 カルピス(株)
丸 川 通 裕 協同乳業(株)

●専門部会代表および部会長

平成28年5月現在の専門部会代表および部会長は次の表のとおりです。

専門部会代表および部会長名簿(平成28年5月現在、敬称略)

専門部会代表および専門部会 専門部会代表または部会長名 所属
専門部会代表 小出 薫 (株)明治
酪農専門部会 柴田正貴 (元)畜産草地研究所
製造技術専門部会 池田三知男 森永乳業(株)
経済・市場専門部会 神宮 浩 (独)農畜産業振興機構
食品規格専門部会 安部俊朗 (株)明治
理化学分析専門部会 豊田 活 (株)明治
微生物・衛生専門部会 小久保彌太郎 (公社)日本食品衛生協会
添加物・汚染物質専門部会 清瀧兼司 森永乳業(株)
栄養・健康専門部会 藤田 孝 雪印メグミルク(株)
コーデックス乳・乳製品部会 安部俊朗 (株)明治
コーデックス栄養・特殊用途食品部会 谷口 茂 (株)明治

●専門部会

10の専門部会が、下記のとおりIDFまたはFAO/WHOコーデックス食品規格委員会の各常設委員会または部会に対応して設置されています。

① 酪農専門部会:
農場管理常設委員会、家畜の健康・福祉常設委員会
② 製造技術専門部会:
乳業科学・技術常設委員会、環境常設委員会
③ 経済・市場専門部会:
酪農政策・経済常設委員会、マーケティング常設委員会
④ 食品規格専門部会:
規格・表示常設委員会、食品添加物常設委員会
⑤ 理化学分析専門部会:
成分分析法常設委員会、加工助剤・指標分析法常設委員会、統計・自動化常設委員会
⑥ 微生物・衛生専門部会:
酪農微生物分析法常設委員会、微生物分析法ハーモニゼーション常設委員会、微生物学的衛生常設委員会
⑦ 添加物・汚染物質専門部会:
食品添加物・汚染物質分析法常設委員会、残留物質・化学汚染物質常設委員会、食品添加物常設委員会
⑧ 栄養・健康専門部会:
栄養・健康常設委員会
⑨ コーデックス乳・乳製品部会
⑩ コーデックス栄養・特殊用途食品部会

●事務局

2014年10月現在、次の2名が在席しています。
事務局長 菅沼修
事務局長代理 有田宏行

●事業内容

大きく分けて次の4つの事業があります。

  • FAO/WHOコーデックス会合事業
  • IDF活動事業
  • 牛乳乳製品等のIDF/ISO分析法検討事業
  • 諸事業

上記事業の詳細はつぎのとおりです

FAO/WHOコーデックス会合事業
  • (1)専門部会の開催及び活動
    • 1)食品規格専門部会、コーデックス乳・乳製品部会、コーデックス栄養・特殊用途食品部会の開催
    • 2)FAO/WHOコーデックス食品規格委員会、FAO/WHOコーデックスアジア地域調整部会、FAO/WHOコーデックス栄養・特殊用途食品部会資料等の検討及び国内関係機関との協議
    • 3)コーデックス関連IDF質問状回答作成
    • 4)関連コ-デックス部会資料等の検討及び国内関係機関との協議
  • (2)FAO/WHOコーデックス部会への参加
    • FAO/WHOコーデックス栄養・特殊用途食品部会等へ参加
  • (3)FAO/WHO食品規格委員会のコーデックス部会会議情報の提供
    • 1)「FAO/WHO合同食品規格計画コーデックス栄養・特殊用途食品部会会議 会議資料・報告書」の出版
    • 2)「国際会議出席報告書」の出版
    • 3)その他コーデックス部会会議関係資料の翻訳・提供
    • 4)国内関係機関との関連情報の入手・提供
IDF活動事業
  • (1)専門部会活動
    • 1)専門部会の開催及び活動
      • (a) 酪農専門部会、製造技術専門部会、経済・市場専門部会、栄養・健康専門部会の開催
      • (b) IDF質問状回答作成
      • (c) IDF常設委員会等への参画及び資料検討
      • (d) その他
    • 2)専門部会長会議の開催及び活動
      • (a) 専門部会長会議の開催
      • (b) 各専門部会活動の調整及び提言
  • (2)IDF諸会合への参加
    • 1)IDFワールドデイリーサミットに代表派遣及び参加
    • 2)IDF常設委員会等の諸会合に代表派遣及び参加
  • (3)IDF総会及びIDF事務局長会議の出席
  • (4)IDF諸会合及び関連情報・資料の提供
    • 1)IDF常設委員会等関連資料の翻訳・提供
    • 2)「国際酪農連盟年次報告」の出版
    • 3)「世界の酪農情況」の出版
    • 4)「国際会議出席報告書」の出版
IDF/ISO分析検討事業
  • (1)専門部会の開催及び活動
    • 1)理化学分析専門部会、添加物・汚染物質専門部会、微生物・衛生専門部会の開催
    • 2)IDF質問状回答作成
    • 3)IDF常設委員会等への参画及び資料検討
    • 4)乳・乳製品の分析法に係るIDF/ISO共同規格の検討
  • (2)IDF諸会合への参加
    • 1)IDF/ISO分析ウィークに代表派遣及び参加
    • 2)IDF常設委員会等の諸会合に代表派遣及び参加
  • (3)ISO/TC34/SC5(乳・乳製品の分析法)国内対策委員会情報収集活動
  • (4)IDF諸会合及び関連情報・資料の提供
    • 1)IDF常設委員会等関連資料の翻訳・提供
    • 2)「国際酪農連盟年次報告」の出版
    • 3)「国際会議出席報告書」の出版
諸事業
  • (1)国際会議出席報告会事業
  • (2)「JIDF広報」の出版事業
  • (3)JIDF光岡賞授与事業
  • (4)総会の開催
  • (5)幹事会の開催
  • (6)その他報告書の(随時)出版

▲ページトップへ

IDFについて

●名称

International Dairy Federation
略称:IDF
和名:国際酪農連盟

●所在地

IDFはベルギーのブリュッセルに本部の事務所を置いています。
(所在地)
International Dairy Federation INPA
70/B, Boulevard Auguste Reyers
1030 Brussels – Belgium
Tel: +32 2 325 67 40
Fax: +32 2 325 67 41

●使命

国際酪農連盟(IDF)は、国際社会における酪農乳業関係者が共通の問題解決を目指し、考えや経験を交換しつつ、消費者の栄養、健康及び幸福に寄与し、良質な生乳の生産と乳製品の開発・普及に努め、科学的、技術的および経済的発展を推進することを目的とした非営利的かつ非政治的な国際団体です。IDFは、上記目的に係る科学的専門知識及び学識の発信源になることによって、国際的に酪農乳業分野全体を代表することを目指しています。

●組織

IDFの組織機構図は下記のとおりです。

各委員会等の内容はつぎのとおりです。

(1)国内委員会
IDFに加盟する各国において、それぞれ国内委員会が設置されています。国内委員会は自国の酪農・乳業に関連する全ての産・官・学界を代表するものであって、IDFは1カ国に1委員会を認めています。いくつかの国内委員会では常勤職員をおいていますが、大部分の国内委員会は他の利害関係を有する国内の酪農乳業機関・団体の一部を成しています。各国内委員会は、とりわけ、IDFに連絡を取り合うこと、質問状に回答すること、常設委員会及び特別作業部会の委員を指名すること及び会費を支払うことに責任を持っています。日本国内委員会として、国際酪農連盟日本国内委員会(JAPANESE NATIONAL COMMITTEE OF INTERNATIONAL DAIRY FEDERATION)があります。
(2)総会及びIDF会長
総会は各国内委員会代表によって構成されるIDFの最高意思決定機関の場であり、ワールドデイリーサミット開催中に開催されます。総会では、予算の決定(会費の決定)、新加盟国の承認及び総括的な方針決定等IDFの運営に係る基本的事項を議決します。総会の議長はIDF会長が務めます。IDF会長は総会で選出され、任期は4年(再任不可)である。現在のIDF会長はニュージーランドのDr. Jeremy Hill(2012年11月から2016年10月、サミット開催時まで)が選任されています。
(3)理事会
理事会は、総会で選出された会長、科学・計画調整委員会委員長、各国代表から4名、酪農乳業分野代表2名及び国内委員会事務局長代表1名の計9名の投票権の有する理事より構成されます。理事会は、総会の権限以外の運営及び管理に関する全権限を有します。理事会は、総会から年間の決算及び予算の検討・作成を付託されます。
(4)科学・計画調整委員会
科学・計画調整委員会は、総会によって設定されたIDFの方針を考慮して、酪農及び乳業の問題を科学的、技術的及び経済的な検討の調整及び監督を行います。科学・計画調整委員会は、総会で選出された計画調整委員会委員長及び委員によって構成されます。
(5)事務総長
IDF事務総長は理事会によって任命されます。IDF事務総長は、IDF事務局及び事務局員の編成と運営を含む日々の管理に加えて、IDFの現在の業務並びにIDF事業の全般的な調整に対して責任を有します。現在、IDF事務総長はMr. Nico van Belzen氏です。
(6)常設委員会及び特別作業部会
IDF事業の実行組織である常設委員会は、酪農乳業における特定の分野を担当し、多くの活動項目を扱います。常設委員会の活動は限定されていません。現在、17の常設委員会があり、それぞれの分野において活動を行っています。常設委員会は各国内委員会が推薦した委員から構成されます。常設委員会によっては、個別課題対応のために数名の委員からなるアクションチームを設置し、活動をしています。日本国際酪農連盟からは全ての常設委員会に参画しています。
特別作業部会は、特定の活動のみ実施、目標が達成されれば解散します。現在1つの部会があります。特別作業部会も各国内委員会が推薦した委員から構成されます。最近の課題として、次のテーマが挙げられています。

  • -環境の持続性(environmental sustainable)に関する活動
  • -家畜の疾病のモニタリング及び報告
  • -他の国際機関(OIE、WHO及びFAO)との協力
  • -コーデックスへの新たな戦略
  • -ISOとの協力による分析法及びサンプリング法の開発に関わる活動の強化
  • -家畜の健康、環境、栄養、食品の安全に関するコミュニケーションの強化

●役員

IDFの役員は次のとおりです。

氏名 職名
会 長 Mr J. Hill ニュージーランド
事務総長 Dr. N. van Belzen
理事会 Mr J. Hill ニュージーランド 会長
Mr M. Hickey アイルランド 科学・計画調整委員会委員長
Mr L. Morelon フランス 総会選出委員・会計担当幹事
Ms C. Frye アメリカ 総会選出委員
Ms I. Berg Hauge ノルウェー 総会選出委員
Dr A. Patel インド 総会選出委員
Mr T. Philardeau スイス 酪農乳業分野選出委員
Mr M. Denieul フランス 酪農乳業分野選出委員
Ms I. Coldewey ドイツ 国内委員会事務局選出委員
(1)IDF会長
2014年10月現在のIDF会長はニュージーランドのDr. Jeremy Hill(2012年11月から2016年10月サミット開催時まで)が選任されています。
(2)IDF理事
理事会は、総会で選出された会長、科学・計画調整委員会委員長、各国代表から4名、酪農乳業分野代表2名及び国内委員会事務局長代表1名の計9名の投票権の有する理事より構成されます。

●科学・計画調整員会

委員長 Mr. M. Hickey アイルランド
委 員 学術担当 Mr P. Schuck フランス
分析法及びサンプリング担当 Mr J. Evers ニュージーランド
家畜の健康担当 Mr O. Osteras ノルウェー
酪農乳業分野(酪農)担当 空席
酪農乳業分野(乳業)担当 Mr J. M. Delort スイス
経済・マーケティング担当 Mr B. Yonkers アメリカ
食品規格担当 Mr R. Hall ニュージーランド
栄養担当 Mr J. Bryans イギリス
技術担当 Mr P. Paquin カナダ
環境担当 Mr B. Lindsay イギリス
農場管理担当 Ms H. Dornom オーストラリア
衛生・安全担当 Prof Dr A. Babuchowski ポーランド

科学・計画調整委員会は、総会によって設定されたIDFの方針を考慮して、酪農及び乳業の問題を科学的、技術的及び経済的な検討の調整及び監督を行います。科学・計画調整委員会は、総会で選出された計画調整委員会委員長及び委員によって構成されます。

●常設委員会

IDF事業の実行組織である常設委員会及び特別作業部会は、酪農乳業における特定の分野を担当し、多くの活動項目を扱います。常設委員会の活動は限定されていません。現在、17の常設委員会があり、それぞれの分野において活動を行っています。常設委員会は各国内委員会が推薦した委員から構成されます。常設委員会によっては、個別課題対応のために数名の委員からなるアクションチームを設置し、活動をしています。日本国際酪農連盟からは全ての常設委員会に参画しています。
特別作業部会は、特定の活動のみ実施、目標が達成されれば解散します。現在1つの部会があります。特別作業部会も各国内委員会が推薦した委員から構成されます。最近の課題として、次のテーマが挙げられています。

  • -環境の持続性(environmental sustainable)に関する活動
  • -家畜の疾病のモニタリング及び報告
  • -他の国際機関(OIE、WHO及びFAO)との協力
  • -コーデックスへの新たな戦略
  • -ISOとの協力による分析法及びサンプリング法の開発に関わる活動の強化
  • -家畜の健康、環境、栄養、食品の安全に関するコミュニケーションの強化
(7)領域別常設委員会及び特別作業部会
酪農領域の常設委員会・特別作業部会
  • ① 農場管理常設委員会
    Standing Committee on Farm Management
  • ② 家畜の健康・福祉常設委員会
    Standing Committee on Animal Health and Welfare
技術・環境領域の常設委員会
  • ④ 乳業科学・技術常設委員会
    Standing Committee on Dairy Science and Technology
  • ⑤ 環境常設委員会
    Standing Committee on Environment
食品規格領域の常設委員会
  • ⑥ 規格・表示常設委員会
    Standing Committee on Standards of Identity and Labelling
  • ⑦ 食品添加物常設委員会
    Standing Committee on Food Additives
分析法・サンプリング法領域の常設委員会
  • ⑧ 食品添加物・汚染物質分析法常設委員会
    Standing Committee on Methods for Additives and Contamination
  • ⑨ 成分分析法常設委員会
    Standing Committee on Analytical Methods for Composition
  • ⑩ 酪農微生物分析法常設委員会
    Standing Committee on Analytical Methods for Dairy Microorganisms
  • ⑪ 微生物分析法ハーモニゼーション常設委員会
    Standing Committee on Harmonization of Microbiological Methods
  • ⑫ 加工助剤・指標分析法常設委員会
    Standing Committee on Analytical Methods for Processing Aids and Indicators
  • ⑬ 統計・自動化常設委員会
    Standing Committee on Statistics and Automation
栄養領域の常設委員会
  • ⑭ 栄養・健康常設委員会
    Standing Committee on Nutrition and Health
衛生・安全領域の常設委員会
  • ⑮ 微生物学的衛生常設委員会
    Standing Committee on Microbiological Hygiene
  • ⑯ 残留物質・化学汚染物質常設委員会
    Standing Committee on Residues and Chemical Contamination
経済・市場・政策領域の常設委員会
  • ⑰ 酪農政策・経済常設委員会
    Standing Committee on Dairy Policies and Economics
  • ⑱ マーケティング常設委員会
    Standing Committee on Marketing

●本部スタッフ

IDF本部は下記に示す通り、事務総長をトップに数名のスタッフから構成されます(IDFホームページ)。IDF事務総長は理事会によって任命されます。IDF事務総長は、IDF事務局及び事務局員の編成と運営を含む日々の管理に加えて、IDFの現在の業務並びにIDF事業の全般的な調整に対して責任を有します。現在、IDF事務総長はMr. Nico van Belzen氏です。

Dr. Nico van Belzen
Director General
Telephone: +32 2 325 67 40
E-mail: nvanbelzen@fil-idf.org

Ms. Henriette Christiansen
Office Manager
Telephone: +32 2 325 67 47
E-mail: hchristiansen@fil-idf.org

Mrs. Aur?lie Dubois-Lozier
Standards Officer
Skype ID: Aurelie Dubois Lozier
E-mail: adubois@fil-idf.org

Mrs. Apolina Fos
Secretary to the Director General
Telephone: +32 2 325 67 40
E-mail: afos@fil-idf.org

Ms. Rebecca French
Communications Officer
Telephone: +32 2 325 67 46
E-mail: rfrench@fil-idf.org

Mrs. Nadine Kamunga
Administration Support
Telephone: +32 2 325 67 48
E-mail: nkamunga@fil-idf.org

Mrs. Delanie Kellon
Environment & Sustainability Officer
Telephone: +32 2 325 67 53
E-mail: dkellon@fil-idf.org

Mrs. Stefania Pupo
Secretary
Telephone: +32 2 325 67 49
E-mail: spupo@fil-idf.org

Mrs. Laurence Rycken
Nutrition Officer
Telephone: +32 2 325 67 50
E-mail: lrycken@fil-idf.org

Mrs. Maryl?ne Tucci
Communications Officer
Telephone: +32 2 325 67 44
E-mail: mtucci@fil-idf.org

●作業分野

作業分野別の常設委員会及び特別作業部会はつぎのとおりです。

酪農領域の常設委員会・特別作業部会
  • ① 農場管理常設委員会
    Standing Committee on Farm Management
  • ② 家畜の健康・福祉常設委員会
    Standing Committee on Animal Health and Welfare
技術・環境領域の常設委員会
  • ④ 乳業科学・技術常設委員会
    Standing Committee on Dairy Science and Technology
  • ⑤ 環境常設委員会
    Standing Committee on Environment
食品規格領域の常設委員会
  • ⑥ 規格・表示常設委員会
    Standing Committee on Standards of Identity and Labelling
  • ⑦ 食品添加物常設委員会
    Standing Committee on Food Additives
分析法・サンプリング法領域の常設委員会
  • ⑧ 食品添加物・汚染物質分析法常設委員会
    Standing Committee on Methods for Additives and Contamination
  • ⑨ 成分分析法常設委員会
    Standing Committee on Analytical Methods for Composition
  • ⑩ 酪農微生物分析法常設委員会
    Standing Committee on Analytical Methods for Dairy Microorganisms
  • ⑪ 微生物分析法ハーモニゼーション常設委員会
    Standing Committee on Harmonization of Microbiological Methods
  • ⑫ 加工助剤・指標分析法常設委員会
    Standing Committee on Analytical Methods for Processing Aids and Indicators
  • ⑬ 統計・自動化常設委員会
    Standing Committee on Statistics and Automation
栄養領域の常設委員会
  • ⑭ 栄養・健康常設委員会
    Standing Committee on Nutrition and Health
衛生・安全領域の常設委員会
  • ⑮ 微生物学的衛生常設委員会
    Standing Committee on Microbiological Hygiene
  • ⑯ 残留物質・化学汚染物質常設委員会
    Standing Committee on Residues and Chemical Contamination
経済・市場・政策領域の常設委員会
  • ⑰ 酪農政策・経済常設委員会
    Standing Committee on Dairy Policies and Economics
  • ⑱ マーケティング常設委員会
    Standing Committee on Marketing

●行事予定

IDFの行事予定は常時更新されています。詳細は、IDFホームページを参照ください。
IDFの主な行事は、毎年開催されるワールドデイリーサミット、分析ウィーク、乳業科学・技術ウィークです。この他にもIDFが主催する様々な会議、シンポジウムなどがあります。

●リンク先

IDFは国際的な団体と共同活動しています。詳細はIDFホームページを参照ください。IDFホームページの主なリンク先は、FAO、コーデックス、OIE、ISO、WHO、ICARほかです。