• JIDFおよびIDFの紹介
  • 新着情報・刊行物
  • ENGLISH
  • 会員専用

新規会員をご希望する団体や個人につきましては、
JIDF事務局(03-3264-3731)にお問い合わせください。

サイト更新情報

2017/12/08

IDFニュースブリーフ118号が発刊されました。

酪農乳業を代表してIDFは、第44回コーデックス食品表示部会第49回コーデックス食品衛生部会に参加した。OIEでの国連会議コーデックス薬剤耐性認知週間でも酪農乳業から提出した薬剤耐性AMRガイダンスが示された。COP23において酪農乳業が気候変動に取り組んだ内容が討議された。この課題はベルファストで開催されたワールドデーリーサミットの期間中にIDF常設委員会やその他の活動グループでその進捗が強調された。

スペインのセビリアにおいて2018年2月1-2日に、第1回持続可能な食事における乳の役割シンポジウムのカウントダウンが始まった。ダブリンにおいて4月23-27日に開催予定のIDF/ISO分析ウィークについて学習していただき、モントリオールで2018年6月3-6日に開催予定の第3回乳製品の微細構造シンポジウムのアブストラクトを準備してください。国際酪農連盟の旗艦発行物である世界の酪農情況2017報告書とIDF年次報告書2016-2017が発行された。詳細は【こちら】を参照ください。

2017/12/08

IDFニュースブリーフ117号が発刊されました。

IDFはパラグアイを連盟の新会員として歓迎する。新たに5か国がデーリーロッテルダム宣言に署名した。畜産業の環境評価成績パートナーシップLEAPおよびAOACの年次会議がそれぞれ開催された。IDFは「薬剤耐性に行動を求める声」に参加し、部局間調整グループのAMR活動を支えた。

ベルファストサミットのカウントダウンが始まったが、その一方でスペインのセビリアにて2018年2月1-2日に開催される「持続可能な食事における乳の役割」第1回シンポジウムの登録手続きが始まった。ダブリンで明年4月23-27日に開催されるIDF/ISO分析ウィークについて知っていただき、モントリオールで2018年6月3-6日に開催される第3回「乳製品の微細構造シンポジウム」へのアブストラクトを準備してください。最新の「IDF家畜の健康報告書」を参照ください。詳細は【こちら】を参照ください。

2017/12/04

国際酪農連盟は、2018年2月1から2日まで、スペインのセビリアにおいて指導的立場にある栄養および環境の専門家を世界中から集めて、持続可能な食事における乳の役割を討議する予定である。この行事では、乳の環境および栄養的側面も同時に考えて食卓に新しい視点を提供する。詳細は【こちら】を参照ください。

2017/11/14

英国、ベルファストで10月29日から11月3日に開催されたIDFワールドデーリーサミット2017ベルファストで「IDFフォーラム」に関するIDFプレスリリースが出されました。

栄養の討論において世界の酪農乳業は、たんぱく質が「次代のフロンティア」になるリスクを取り上げねばならない。詳細は【こちら】を参照ください。

2017/11/14

英国、ベルファストで10月29日から11月3日に開催されたIDFワールドデーリーサミット2017ベルファストで各分野の特別講演会に関するIDFプレスリリースが出されました。詳細は【こちら】を参照ください。